トップページ > お知らせ

口腔ケアは行っていますか?

高齢者の死因の一つとしてよく挙げられるのが肺炎です。
特に誤嚥性肺炎といって、肺に入り込んでしまった食物などにより肺炎を引き越してしまうものです。

誤嚥を引き起こしてしまうことを避けるためには、食べるためのトレーニングとして嚥下体操を行うのが有効とされています。
特に食べ物や飲み物を喉の方へ送り込む時、高齢者は飲み込みの力やかむ力が衰えていますので、こうした訓練が欠かせなくなっています。

その嚥下の訓練として注目されているのが嚥下体操です。
この嚥下体操には、体の筋肉を動かす作用もあり、食べ物や飲み物が誤って気管に入り混むことを防ぐことに繋がるとして期待されています。
特に若いときにそれほどよく噛まずに飲み込んでいた人にとって、この嚥下体操は重要です。

高齢者になってもその若いときの感覚のままでいることは危険です。
小さく切った食材を食べることはもちろんですが、それ以外にもしっかりとよく噛み、ゆっくりと味わいながら食べることも大切になっています。
その意味でも口腔ケアは重要であり、高齢者の口腔ケアによって誤嚥性肺炎を防ぐことにつながっていきます。

東大阪でサービス付き高齢者向け住宅をお探しなら
リュミエール東大阪にお立ち寄りください。